肌が綺麗にな女の子になりたかった

思春期

当時中学生・高校生でした。

 

ニキビがよく顔にできていたので、授業中に思わず触ってしまい、気になりだすと止まらなくなって潰してしまうことが殆どでした。

 

お風呂上りに自分の顔を見た時に気になって潰してしまうこともありました。

 

それにより出血はしますし、治りにくくなって跡になりやすくなったので、ニキビ跡のケアをしようと思いました。

 

また、当時私の中で「可愛い女の子」の定義の一つに「肌がきれいであること」が含まれていたのもあります。

 

顔立ちが整っているとか、目が大きいとかよりも清潔感の方がもてる上で大事かもしれないと思いました。

 

さらに当時付き合っていた彼の肌がすべすべで常にニキビがない状態だったので、その彼女である私がニキビ顔であるのは女として恥ずかしいと思っていました。


ペアアクネクリーム

クリーム

すでにニキビケア用の化粧水を使っていたので、親に頼んでニキビに塗る薬を買ってもらいました。

 

結構有名なものですが、ライオンのペアアクネクリームというもので、ニキビのできない肌になれると口コミでも評判がよかったので効果があるのではないかと思いました。

 

使っていた化粧水も、脂肌でニキビができやすい人向けの物を使用していました。

 

それに加え、できるだけ潰すことをひたすら我慢しました。

 

ニキビを潰してしまうと、そこからばい菌が入って悪化したり跡になりやすいと雑誌に書いてあったので、何度もニキビができてしまったり跡が残ってしまう1番の原因はそれだと思っていました。

 

生理前になるとホルモンバランスの関係でニキビが特にできやすくなるとも書いてあったので、そこはあまり神経質にならないようにしました。


気にしすぎない事も大事

触らない

正直、化粧水とニキビ跡に塗る薬が効果的だったかはわかりません。

 

ただ、ニキビそのものが出来なくなるようになったことで、跡になる原因を取り除けたのが良かったのだと思います。

 

実際大人になった今、ニキビ跡はほとんどありません。

 

当時、生理前だけは化粧水をつけても薬を塗っても一向にニキビは減りませんでしたが、これはどうしようもないと思うので、とにかく悪化させないことが大事です。

 

もしかしたら触らない・潰さないのが一番効果的なのかなと思います。

 

大人になればニキビが落ち着く人が殆どだと思うので、あまりひどいニキビではないのであれば、そこまで神経質になって治療する必要はないように感じました。

 

潰さないで我慢できたニキビは気が付いたらなくなっていることが殆どです。

 

しかし何度も潰してしまったり、カサブタになってしまったものを気になって何度も剥がしてしまったりと言った場所は、今でも若干陥没しています。