ニキビ跡を消したい方へ!もうこれですっぴんを見せられる!

すっぴんでも肌がきれいって言われたい

すっぴん

10代初めの頃からニキビがてきると潰してしまっていました。

 

体感的にニキビの芯が黄色くにゅるっと出るとニキビが治りやいように感じていたのです。

 

10代後半あたりから美容を意識するようになり、潰すのが間違った対策どころかむしろ炎症を悪化させたり色素沈着を引き起こす最悪の行動だと知りました。

 

確かに年々ニキビ跡が残りやすくなっている実感がありました。

 

メイクを駆使しニキビ跡をごまかしていましたが、大学時代の彼に「肌綺麗だと思ってたんだけど、メイクの魔法だったのか〜」と冗談交じりに言われてしまいました。

 

自分でも気にしていたことだったので相当ショックで「すっぴんでも美肌と言われたい!」と真剣にニキビ跡の対策を考えるようになりました。


ビタミンC誘導体がおすすめ

おすすめのコスメ

インターネットを見ていて、ニキビ跡に効果のある化粧水がいろいろあることを知り毎日のスキンケアに取り入れるべきだと考え始めました。

 

私の場合、ニキビ跡の赤みがほとんどで、一部だけ黒ずんだ色素沈着が残っている状態でした。

 

そのため、どちらの症状にも効果のあるものを選ぶ必要がありました。

 

そこで選んだのはビタミンC誘導体を配合した化粧水でした。

 

ニキビ跡の赤みに効くビタミンC誘導体化粧水&美容液

 

ビタミンC誘導体は炎症を抑えるだけでなく、黒ずんだ肌の原因であるメラニン色素を薄くする効果があるということだったので、私にぴったりのものだと思ったのです。

 

また毛穴を引き締めながらキメを整え、過剰な皮脂の分泌を抑制するという効果にも期待がもてました。

 

ニキビ跡への対策をしつつ、ニキビの出来にくい肌を目指そうと考えました。

 

顔全体に使用してもいいと思いますが、ビタミンC誘導体は皮脂を抑える効果があるため、少し乾燥しやすいという点があります。

 

そのため、私はスポットケアとしてニキビ跡の気になるところに指の腹を使ってトントンと優しく乗せるようなかたちで使用していました。

 

これを朝晩の洗顔後に毎日欠かさず続けました。

 

ニキビが繰り返し同じ場所に出来るのも跡になりやすい理由の1つなので、顎やこめかみなど繰り返しできるところにはニキビ跡を作らない対策としても使用しました。


厚塗りしなくなって肌がよりきれいに

厚塗り無

美容液を1本使い切るころ、期間にしてだいたい1か月半ほどたったころには、気になっていたニキビ跡もだいぶ目立たなくなりました。

 

完全に消えたわけではありませんが、気にならない程度には改善されました。

 

以前はニキビ跡を隠すためポイント的にファンデーションの厚塗りやコンシーラーを多用し、毛穴がふさがり新しいニキビができ、メイクの重ね塗りで悪化しやすく新しいニキビが出来るといった負のスパイラルに陥っていましたが、今は薄塗でも問題なくカバーできるようになり悪循環から脱却することが出来ました。

 

またニキビそのものが出来にくくなり、新しいニキビ跡に悩むこともなくなりました。

 

ニキビ跡対策には正しい知識を知ること、そしてビタミンCなどのように美白と炎症を抑える効果のある成分を多く含んだコスメを根気強く使用することが不可欠だと強く感じました。

 

もう二度とニキビや跡に悩むことが無いようにこれからも続けていこうと思います。


自分の肌質とコスメの相性をしっかりと確認してください

肌に合うもの

私の場合はビタミンC誘導体が効果的でしたが、敏感肌の方には刺激が強いと感じてしまうかもしれません。

 

その場合は、同じように美白と抗炎症効果が期待できるプラセンタを配合したコスメを使用した方がいいと思います。

 

基本的にニキビ跡に限らず、綺麗な肌になるためのスキンケアをする場合、コスメに配合されている成分の効果だけでなく、どんな肌質には合わないのか、などもしっかりと確認することが大切です。

 

ニキビ跡のケアでも、まだ傷みやかゆみの残った敏感な状態の場合と、色味だけが残っている状態では使用するべきコスメも変わってきます。

 

自分の症状や肌質、さらには成分などについての正しい理解をすることが、適切なケアをするために欠かせないことを忘れないようにして下さい。